本文へ移動

耐震セーフティ工法

建築基準法の改正前の昭和56年以前に建てられた住宅、1.150万棟とその後建てられた耐震j基準を満たさない住宅を合わせると2.000万棟が強い地震に耐えられず倒壊する恐れがあると言われています。

既存住宅の耐震補強に筋交いなどで補強しますが、窓やドア、サッシがあるところについては、そのままでは補強ができないことになります。そのため間仕切りを変えたり、壁をつくることになります。

「耐震セーフティ工法」はそれら窓の付いたまま、開口壁を耐力壁にできる方法です。
土台、柱、横架材などを一体化し、柱の引き抜きも防ぐため、(財)日本住宅・木材技術センターでの壁強さ倍率、壁基準剛性の試験により、(財)日本建築防災協会の評価を取得した工法です。

セーフティ工法

耐震セーフティ工法
耐震補強研究所「耐震セーフティ工法」

このマークの意味は?


有限会社一番家工務店
埼玉県越谷市相模町1-94-1
TEL.048−986−3196
FAX.048−986−3198


●女性プランナー
●新築・増改築
●マンションリフォーム
●キッチンリフォーム
●水廻りリフォーム
●オール電化住宅
●バリアフリー
●インテリアデザイン
●外装リフォーム
●エコロジー


有限会社一・番家工務店は埼玉、越谷で住宅の新築・リフォームなど、設計から施工まで手がける工務店です。ご要望をしっかりとお聞きした上で、住まい手の視点で計画、合理的な価格で提供いたします。
女性の一級建築士・インテリアコーディネーターがプランニング。住みやすく快適な住宅を実現することをお約束します。アフターメンテナンスなど新築やリフォーム工事後のお付き合いを大切に考えています。


各種リフォームローンのお取り扱いもしております。お気軽にお申し付けください。


施工エリア
埼玉・さいたま市・越谷市・春日部市・草加市
川口市・吉川市・三郷市
上尾市・宮代町・松伏市
八潮市・幸手市・杉戸市・鳩ヶ谷市・蕨市・所沢市・朝霞市
野田市・流山市・柏市
松戸市・我孫子市
足立区・北区・葛飾区

1_banyaをフォローしましょう


TOPへ戻る